林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳩山由紀夫首相の資産補充報告書に東急不動産3万7千株などの報告漏れがあった。首相は2009年11月10日、2002年から2008年の資産報告書と資産補充報告書を訂正したが、首相の杜撰な経理処理が批判を受けることは必至である。
東急不動産などの株式取得はインサイダー取引ではないかとの指摘もある。小里泰弘議員は2009年11月15日の衆議院予算委員会で以下の質問をした。「政権交代後の政策を胸に秘めうるいわばインサイダー情報を知り得る立場にあるあなたがこのデリケートな時期に莫大な株を取得したことに道義的責任を感じませんか?」
東急不動産は福田康夫元首相とも関係を指摘された。東急不動産は故福田赳夫時代から使っていた福田家の敷地住居(世田谷区野沢)を購入し、マンション「プレステージ野沢」を建設した。福田康夫と福田三枝(福田赳夫夫人)がプレステージ野沢の一部の住居を購入した(「「福田⇔東急不動産⇔森」とカネ、女・・・」二階堂ドットコム2007年09月22日)。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1092
http://hayariki.seesaa.net/article/133543219.html
東急不動産という社会悪と戦う
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/3488442.html
http://www12.atpages.jp/hayariki/091124keijyu.files/slide0001.htm
livedoor Wiki
http://wiki.livedoor.jp/hayariki2/
Buzzurl [バザール]
http://buzzurl.jp/user/hayariki

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産の小日向マンションで建築確認に不備=東京・文京
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2010年6月2日】東急不動産は2010年5月23日付で、東京都文京区小日向4丁目の新築分譲マンション計画「(仮称)小日向プロジェクトII」の建築確認申請を取り下げた。東京都から北側斜線・第3種高度の制限区域において、建築確認の不備の指摘を受けたことが理由である。同日から建築工事を中断している。これらは5月29日付の近隣住民向け文書「「(仮称)小日向プロジェクトII」新築工事 工事中断について」で明らかになった。http:...
URL 2010/06/03(Thu)19:21:07
『やんちゃ、刑事。』破天荒でも相違は尊重
本書(北芝健『やんちゃ、刑事。』竹書房、2007年11月30日)は元警視庁刑事で作家の著者が半生を振り返った自叙伝である。喧嘩に明け暮れた不良少年時代からヨーロッパ留学中のラブロマンス、ユーラシア大陸を横断する放浪旅、一念発起して警察官となり、公安警察に異動するまでを描く。 著者は自らの警察官の経験を元にした書籍を数多く出版している。本書で記載されたエピソードも類書(『警察裏物語』『スマン!刑事でごめんなさい。』など)と重なるものが多い。北芝作品はエンターテイメント性が強く、どこまでが真実で、どこか...
URL 2010/06/03(Thu)19:29:28
『北芝健のニッポン防犯生活術』犯罪者の性向を踏まえた防衛策
本書(北芝健『元警視庁刑事・犯罪社会学者 北芝健のニッポン防犯生活術』河出書房、2007年12月30日発行)は元警視庁刑事で犯罪社会学者の著者が犯罪に対処する技術と思考を具体的に提示した書籍である。警察官時代に多種多様な扱った著者に相応しく、空き巣から悪徳商法、ネット犯罪まで幅広い内容を扱っている。一つのテーマが見開き2頁または4頁にまとめられており、イラストや表を多用しているため、非常に読みやすく分かりやすい。...
URL 2010/06/05(Sat)00:52:55
『北芝健のニッポン防犯生活術』犯罪者の性向を踏まえた防衛策
本書(北芝健『元警視庁刑事・犯罪社会学者 北芝健のニッポン防犯生活術』河出書房、2007年12月30日発行)は元警視庁刑事で犯罪社会学者の著者が犯罪に対処する技術と思考を具体的に提示した書籍である。警察官時代に多種多様な扱った著者に相応しく、空き巣から悪徳商法、ネット犯罪まで幅広い内容を扱っている。一つのテーマが見開き2頁または4頁にまとめられており、イラストや表を多用しているため、非常に読みやすく分かりやすい。...
URL 2010/06/05(Sat)00:52:55
『東急不動産だまし売り裁判』出版の経緯
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の執筆は最初から出版を意図して始めたものではなかった。注文があって書いた作品ではなく、自分のための慰みであった。しかし、自分でも作品の出来栄えに手応えを感じておりは周囲の反応も上々であった。『東急不動産だまし売り裁判
URL 2010/06/05(Sat)15:29:51
東急不動産だまし売りの悪辣
「新築マンションをだまし売りして反省しないとは、東急不動産の営業は腐っているな」 「凄いのね、あの人達。一体、何の悪魔にとり憑かれたのかは知らないが、金儲けのためならば、消費者を犠牲にしても構わないみたいなことばかり言っているわ。本当に怖いわね」 一人が身震いすると、もう一人も相槌を打つ。 「実は、だまし売り被害者を住宅ローン破産させて、自殺に追い込もうとしていたふしがあります。マンションに被害者を攻撃する怪文書が散布され、東急不動産のために働いていた近隣対策屋が被害者の勤務先で騒い...
URL 2010/06/06(Sun)10:41:24
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判』貴いバトン  HOME  東急リバブル東急不動産の偏執的だまし売り

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]