林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
兼続は腐っていた三成の心に再び義の炎を燃え上がらせる。二人の密約が歴史の大波を起こしていく。天下泰平の世のために二人が語り合うシーンは熱い。目指す理想に燃える人は素晴らしい。
「天下が治まったら何をしたいか」という初音(長澤まさみ)の質問に対し、兼続は「民の暮らしを豊かにしたい」と答える。ここには江戸時代に内政面で手腕を発揮した兼続の姿を暗示する。一方、三成は「海の向こうが見たい」と答える。ここには徳川の天下でなければ鎖国はなく、日本人も偏狭な島国根性から解放されたものになっていただろうという制作者の思いが感じられた。(林田力)
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40532
http://hayariki.seesaa.net/article/127855286.html
弁護士が依頼人の住所をネット上で公開
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40316
http://tokyufubai.bravehost.com/uls6.htm
アヴァンセ弁護士が準備書面に他人の印を押す
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10342309601.html
http://tokyufubai.blog28.fc2.com/blog-entry-882.html
【書評】『千一夜の館の殺人』ありそうでない弁護士探偵
http://news.livedoor.com/article/detail/4341236/
http://tokyufubai.exblog.jp/8961089/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
補完代替医療
補完代替医療(Complementary and Alternative Medicine: CAM)は通常の医療の代わりに、又は通常医療を補完するために用いられる医療を指す。代替医療(alternative medicine)、補完医療、相補医療と呼ばれることもある。米国では代替医療、ヨーロッパでは補完医療と呼ばれる..
URL 2010/01/28(Thu)23:22:28
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
中島賢悟弁護士が依頼人の住所をネット上で公開2  HOME  東急不動産の嫌がらせを紹介

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]