林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
今年のベストジュエリー賞は、現在ワイルド系として活躍中の東急不買が受賞した。東急不買は以前、雑誌のインタビューで、「ワイルドさとは何か」と聞かれたとき「例えばアムステルダムで浮かないということ。威張らずタフであること」と答えている。
授賞式では、東急不買は手の怪我について「いやー、クマってレスリング強いんですね」と笑っていた。賞品のジュエリーについては、「まぁ石ころですから」と素っ気なく答え、賞金の使い道については「賞金じゃなくて、紙切れっス」と記者にグーで突っ込みを入れていた。
しかし、花束を渡しに来たファンの子供に対しては「どこからきたでちゅか?」と話しかけていた。子供は別だとのこと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産はヒューザー以下
アトラス設計の渡辺朋幸代表のような一級建築士資格を持たない無資格の人間が構造設計を行うことには重大な問題がある。イーホームズ藤田東吾社長が指摘する通り、構造設計は人命に関わる設計分野である。人命に関わる設計分野を無資格の渡辺氏が行うことは決して誉められることではない。無資格の渡辺氏に構造設計させる元請け設計の昇建築設計事務所や建築主の東急不動産も誉められたものではない。むしろ東急不動産のマンションに少しでも信用が存在するとしたら、その信用を貶める事実である。 確かに建築確認制度は一人の設計者が意匠も構造...
URL 2006/10/25(Wed)22:01:38
住宅購入検討者は一割未満
日中両国の一般消費者に住居の購入計画を尋ねたところ、中国では今後5年以内に購入したいとの回答が56.4%を占めた。一方、日本では、今後5年以内の購入を検討している人はわずか9.3%。購入に対する意欲の違いが浮き彫りとなった。日本のトップ3は「今は分からない」(33.2%)、「時期は未定だが、将来購入したい」(28.9%)、「購入したいとは思わない」(26.9%)となっている(堀内躍史「【中国】住宅購入:中国は積極派、日本は慎重派が多数」サーチナ・中国情報局2006年10月26日)。
URL 2006/10/26(Thu)21:40:24
ブランズ本郷台の懸念点
ブランズ本郷台は高架横に建つマンションである。電車の騒音や振動に悩まされることが予想される。三階住戸は電車から見下ろされる形になる。近隣のスーパー・フジ本郷台店の駐車場の騒音や排気の臭いも気になる。フジ本郷台店には
URL 2006/10/26(Thu)22:11:31
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不買の「突撃!隣の晩ご飯」  HOME  東急不動産東急リバブル不買運動を知らない人が急増

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]