林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
日経不動産マーケット情報の記事のアクセスランキングでは不動産会社の経営破たん記事が上位を占めた。2008年は不動産投資市場を取り巻く環境が一変し、資金調達難から経営が破綻する不動産会社が相次いだ。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件の舞台となったマンション建設地を東急不動産に転売した康和地所も破綻した。ブランズシティ守谷や二子玉川ライズで環境破壊を続ける東急不動産が破綻するならば多くの話題になることは確実である。
2008年に日経不動産マーケット情報がウェブサイトに掲載した約1300本のニュース記事や連載企画などを対象に、アクセス数(読者が記事を呼び出した回数)を集計したところ、リプラスが破産したことを伝えた記事が1位になった。アクセス数のベスト50も、企業の経営破綻に関する記事が上位を占めた(「【調査】不動産会社の経営破綻の記事が上位を占める、2008年のアクセス数ベスト50」日経不動産マーケット情報2009年1月20日)。
http://hayariki.seesaa.net/article/113317220.html
元モー娘。辻希美がブログ開設
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=32956
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(林田力記者)東陽院に十返舎一九の墓所【中央区勝どき】
 記者が東陽院に参詣した目的は江戸時代後期の作家・十返舎一九の墓所であった。一九の墓所は東陽院の正門右手にある。一九は日本で最初の職業作家と言われる。代表作『東海道中膝栗毛』は弥次郎兵衛と喜多八の道中記である。会話中心の文体は当時として斬新な試みであった。斬新
URL 2009/07/10(Fri)07:26:17
著者が語る『東急不動産だまし売り裁判』を書いて2
 マンション引渡し後に真相を知った私は、消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき、売買契約を取り消し、売買代金2870...
URL 2009/07/11(Sat)08:25:06
だまし売りの東急不動産ブランド
不利益事実を隠してアルス東陽町301号室をだまし売りし、二子玉川ライズで景観や住環境を破壊する東急不動産のブランドイメージは悪化している。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件東京地裁判決3周年を記念して新刊『東急不動産だまし売り裁判 こうし
URL 2009/07/11(Sat)16:08:19
林田力記者『革命のライオン』少しの勇気が
林田力記者『革命のライオン』少しの勇気が革命を起こす本書のタイトルにあるライオンはフランス革命初期の指導者・ミラボーを指す。このミラボーとロベスピエールを中心に物語は進む。本書ではミラボーが革命に傾倒した背景を表では進歩派を気取っているものの、家族には...
URL 2009/07/12(Sun)11:29:26
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
「ポチの告白」原案協力者が語る  HOME  (林田力記者)「天地人」第4回、上杉景虎

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]