林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
 市民メディアは左寄りと思われるくらいが健全である。JANJANや旧オーマイニュースを含め市民メディアには左寄りに偏向していると非難されることがある。記事に悪意あるコメントが繰り返され、コメント欄が荒れる一因も、市民メディアの記事が左寄りと感じられることへの一部の不満が背景にある。
 市民メディアの性質上、左寄りの記事が集まることは自然の成り行きである。市民メディアは純粋に記事を書きたい、意見を表明したいという市民記者の思いに支えられている。わざわざ手間隙かけて記事を書くことは、世の中に対する何らかの問題意識がなければできない。私自身、市民記者となったきっかけは大手不動産会社との新築マンション購入トラブルであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』参照)。
http://www.news.janjan.jp/media/0910/0910302452/1.php
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1076
http://hayariki.seesaa.net/article/131866687.html
桐田詩夜葉
http://hayariki.269g.net/article/15013919.html
http://avancelg.iza.ne.jp/blog/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://avance.iza.ne.jp/blog/entry/1303229/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4904350138
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4904350138
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産だまし売り裁判のスピード感
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)はスタイリッシュでスピード感に溢れた良質のノンフィクションである。その全てのページが説得力に満ちており、失速しないストーリー展開は法曹界の内側を読者に垣間見させてくれる。読者サービスを忘れない作家としての余裕も見せる林田力。混迷する消費者運動の世界で彼がどれだけの健闘を見せてくれるのか。そして、エンターテインメント性にどのようなプラス要素を加えてくれるのか、期待は膨らむばかりである。h...
URL 2010/04/26(Mon)21:57:16
東急リバブル東急不動産不買運動への共感
東急リバブル東急不動産不買運動に結集する人々に共感する。東急リバブル東急不動産不買運動家には表現の自由を保障した日本国憲法の下で意思を表明する権利がある。東急リバブル東急不動産は不買運動家の声を聞くべきである。東急リバブル東急不動産は不買運動家の姿を見るべきである。そして東急リバブル東急不動産は反省すべきである。 http://hayariki.seesaa.net/article/145811797.html 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』 http://ast...
URL 2010/04/28(Wed)22:57:36
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
日本郵政・西川善文社長の辞任は当然1  HOME  二子玉川再開発差止訴訟・住民側はあらためて「洪水被害」を主張2

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]