林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
『よつばと!第8巻』」
本書(あずま きよひこ著、電撃コミックス、2008年8月27日発売)は「月刊コミック電撃大王」に連載中のコメディ・マンガの単行本である。主人公である5歳の少女「小岩井よつば」の新鮮な日々を綴った作品である。
題名の「よつばと」は主人公の名前「よつば」に英語のandに相当する並立助詞「と」を付したものである。これは本作品を構成する各話のタイトルと関係する。本作品では各話のタイトルは「よつばとたいふう」「よつばとおまつり」というように「よつばと○○」となっている。○○には、その話の主題となる「よつば」が経験したものが入る。『よつばと』は「よつば」と「よつば」が経験した物事の総称を象徴している。
本作品は一話完結のオムニバス形式である。しかし、各話は別個独立しているのではなく、連続している。表紙の「よつば」が法被を着ていることが示すとおり、この巻では「よつば」が祭りに参加する話がある。
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=25905
http://hayariki.seesaa.net/article/107917238.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『ガチミシュラン』の感想(2)
桐田詩夜葉  また、肝心の料理ではなく、内外装の奇抜さで客を引っ掛ける傾向もあるという。マンションでも日々の住み心地や建物の耐久性を軽視して、実際は利用せず維持費ばかりかかる豪華な設備を売り物にする物件がある。  著者は再開発ビルに入居する店舗にコスト・パフォーマンスの良い店はないとも指摘する(10ページ)。この点も地域住民を無視した再開発の記事を書いてきた私にとって「さもありなん」と思える内容である(「二子玉川東地区再開発を問う住民の会発足」など)。
URL 2009/02/08(Sun)13:12:40
(林田力記者)「ポチの告白」警察権力の腐敗
 警察権力の腐敗の実態を正面から描いた社会派映画「ポチの告白」(高橋玄監督)の公開に先立つ1月22日、原案協力・出演者の寺澤有氏がトークイベント「対決!! 公安 VS 右翼 〜北芝健と鈴木邦男の邂逅」で作品の意義を語った。  「対決!! 公安 VS 右翼」は元警視庁刑事の北芝健氏、一水会顧問の鈴木邦男氏、寺澤氏を迎えて、東京都杉並区にあるライブハウス・阿佐ヶ谷ロフトAで行われた。「ポチの告白」は警察不祥事を精力的に取材している寺澤氏がさまざまなエピソードを提供して一つのストーリーにした映画である。 J...
URL 2009/02/09(Mon)21:13:39
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
雷が轟き、稲妻が光る  HOME  林田力「『韓国現代史60年』の感想」

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]