林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

片付け、洗濯、入浴すらまともにしない野田恵(通称・のだめ)がクラシック音楽の美しさを鮮やかに、そして面白可笑しく魅せてくれます。指揮者を目指すエリート音大生・ 千秋 真一はピアノ科に在籍する変人女・ 野田恵(のだめ)と出会い、 のだめの存在を潤滑油として音大の変人たちに出会い、音楽の楽しさを思い出す。
音へのこだわりは半端でなく、「のだめオーケストラ」による演奏は圧巻。主人公の野田恵(通称・のだめ)と千秋真一がパリ留学したパリ編以降、シリアスな要素が強まっている。のだめも千秋も音楽家として実力をつけていく成長の軌跡が描かれている。
http://gfpsiyshu6s.blog87.fc2.com/blog-entry-24.html
『ぼくらが子役だったとき』の感想
http://www.book.janjan.jp/0810/0809288308/1.php
カレーもつなべに挑戦!きむら屋【錦糸町】
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=25705
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(林田力記者)北芝健『やんちゃ、刑事。』
本書は元警視庁刑事で作家の著者が半生を振り返った自叙伝である。喧嘩に明け暮れた不良少年時代からヨーロッパ留学中のラブロマンス、ユーラシア大陸を横断する放浪旅、一念発起して警察官となり、公安警察に異動するまでを描く。 著者は自らの警察官の経験を元にした書籍を数多く出版している。本書で記載されたエピソードも類書(『警察裏物語』『スマン!刑事でごめんなさい。』など)と重なるものが多い。北芝作品はエンターテイメント性が強く、どこまでが真実で、どこからが誇張なのか微妙な話もあるが、別々の書籍でも繰り返し登場する...
URL 2009/02/01(Sun)12:38:52
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産販売トラブル  HOME  ウィキペディアで東急不動産トラブル紹介

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]