林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
 京都市の手作りかばん店・一澤帆布工業の相続をめぐる骨肉の争いには終わりが見えない。主要な対立は先代会長・一澤信夫氏の長男の信太郎氏と三男の信三郎夫妻の間で起きている。
 2009年6月23日の最高裁判決によって信太郎氏が保管していたとされる遺言書(第二遺言書)の無効が確定した。これで信三郎側の主張通りに決着すると思われたが、新たに信太郎氏側は7月1日、一澤帆布工業の代表取締役を一時的に中立的な第三者から選任することや、自身を取締役に選ぶことなどを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
 泥沼の相続紛争は誰も歓迎しない筈であるが、根本的な問題は遺言書にあると考える。これまで遺言書を錦の御旗のように扱う傾向があった。最高裁判決で遺言書の無効が確定したことは、その傾向に一石を投じることになった。
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/39284
http://hayariki.seesaa.net/article/123166954.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10302794162.html
第141回芥川賞・直木賞 選考委員記者会見 林田力
http://www.book.janjan.jp/0907/0907167140/1.php
日本に根付くか? 危機管理への関心と専門家 林田力
http://www.news.janjan.jp/business/0907/0907136945/1.php
直木賞候補作『乱反射』の感想 林田力
http://www.book.janjan.jp/0907/0907167143/1.php
JugemKey OpenID
http://profile.jugemkey.jp/tokyufubai
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
三木谷(爆) Part5
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動三木谷はプロスポーツを勘違いし過ぎ。 東急不動産東急リバブル不買運動も田尾監督解任反対のメールしました。野村克也監督解任騒動も情けないです。過去スレッド、テンプレートhttp://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1035http://geocities.yahoo.co.jp/gl/shouhishahogo/comment/20090914/1252938590三木谷(爆) http://sports9.2ch.net/test/...
URL 2009/11/03(Tue)22:06:23
二子玉川再開発差止訴訟・住民側はあらためて「洪水被害」を主張3
 今回は再開発組合側からの書面や証拠の提出はなされなかった。  前回の口頭弁論(9月17日)で住民側の主張立証が出尽くされてから、まとめて反論することを希望していたためである。次回期日で反論することになるが、裁判官が再開発組合の代理人に「証拠も提出しますよね」と念押ししていた点が印象的であった。  住民側から専門家による意見書が提出された洪水被害について科学的・専門的な知見を踏まえて判断したいとの裁判所の意気込みが感じられる。  次回口頭弁論は12月15日午後2時から開かれる。(林田力) http...
URL 2009/11/04(Wed)07:45:36
東急不動産騙し売り裁判では消費者契約法
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産騙し売り裁判では消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づいて、売買契約を取り消しました。まさに「それぞれの取消し制度が意図する保護の対象によって取り消すことのできる行為の範囲や取消権者の範囲などの要件が異なる」に該当します。相続と消費者契約法は直接は関係しませんが、老人の判断力低下に乗じた悪質リフォームが横行しているため、相続人が消費者契約法に基づいて、被相続人の消費者契約を取り消す事例も今後は生じるかもしれません。h...
URL 2009/11/04(Wed)19:58:25
日本郵政・西川善文社長の辞任は当然
日本郵政の西川善文社長は2009年10月20日、記者会見を開き、社長を辞任する考えを明らかにした。西川氏は麻生政権の鳩山邦夫・総務相に辞任を迫られても社長の座にとどまり、政権交代後は亀井静香郵政担当相や原口一博総務相、鳩山由起夫首相から相次いで辞任を求められて...
URL 2009/11/05(Thu)20:07:36
FW:金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張
JUGEMテーマ:ビジネス 弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂弁護士は裁判で単元未満株を端株と虚偽主張した。金崎らは土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の被告代理人だが、被相続人の所有していたものは単元未満株であるのに、端株と虚偽主張した(被告準備書面(1)7頁)。この裁判では訴訟前から金崎らは被告の代理人として原告と交渉していた。その時点で原告側は端株ではなく、単元未満株ではないかと質問していた(乙42 平成20年5...
URL 2009/11/06(Fri)07:43:54
二子玉川東地区再開発問題 「にこたまの環境を守る会」11・3集会開催
 「にこたまの環境を守る会」11・3集会~『こんな理不尽な再開発は許せない』の怒りを、これからの運動につなげるための集会」が2009年11月3日に上野毛地区会館(東京都世田谷区)にて開催された。  「にこたまの環境を守る会」は二子玉川東地区再開発の問題に取り組
URL 2009/11/07(Sat)12:03:36
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力『3時間でわかる! LEC式 はじめての宅建教室』の感想   HOME  『東急不動産だまし売り裁判』ネット書店に並ぶ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]