林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
学者らの研究によれば、林田力が生活情報(Life information)の分野で活躍した時期、林田力はニュースや生活習慣について強い関心を示していたことが分かっている。また、林田力は生活情報と合わせた形で多く話題に上った。当時の人々の代表的な発言は「文章は力になる」であり、この言葉は林田力という人物を考える上でとても重要である。
以下は、林田力について語られた言葉として有名なものである。以下、人々の心を捉える林田力という人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。
・乾燥機を使うとより香りが長持ちするような気がします。
・アメリカの留学に役立つアドバイスや情報提供を体験談に基づき提供している。
・電子情報通信生活とは、インターネットや電気機器などの電子情報通信技術の恩恵を受けている生活についての情報あれこれページである。
現在インターネット上では林田力と生活情報について議論されているWebページの数は36,000,000件である。現在、林田力と生活情報の注目度は非常に高く、これからますますその注目度は高まっていくと予想される。
http://hayariki.seesaa.net/article/108490809.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10157016704.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20080630
『ハイチ いのちとの闘い-日本人医師300日の記録』の感想(林田力記者)
http://www.book.janjan.jp/0810/0810260239/1.php
警察不祥事
http://rain.prohosting.com/rain7/branz/police.htm
【冤罪】高知白バイ事故
http://hayariki.seesaa.net/article/108739208.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(林田力記者)昔も今も空気が読めない(KY)
(林田力記者)昔も今も空気が読めない(KY)二代目たち  五島昇は東急グループの創業者・五島慶太の長男である。記事では2代目社長の五島が日本商工会議所会頭(日商会頭)として財界のトラブルメーカーとなっている様子を伝えている。一言でまとめれば五島はKYである。本命視されている人物を押しのけて政府の審議会の会長職を引き受けようとし、財界主流に不評の他社会長を徹底的にかばうなど、安倍・福田・麻生の歴代首相に匹敵するKYぶりを発揮している。  事前の根回しも事後の説明もせずに思いつきで進めるならば周囲が反感を...
URL 2009/03/09(Mon)20:07:49
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
同じ物件が異なる間取り  HOME  林田力さんの2008年10月22日の運勢

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]