林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
学者らの研究によれば、林田力(リン・ティエンリ)が掲示板(A bulletin board)の分野で活躍した時期、林田力(リン・ティエンリ)は生活情報やブログについて強い関心を示していたことが分かっている。また、林田力(リン・ティエンリ)は掲示板と合わせた形で多く話題に上った。当時の人々の代表的な発言は「トップに戻る」であり、この言葉は林田力(リン・ティエンリ)という人物を考える上でとても重要である。
以下は、林田力(リン・ティエンリ)について語られた言葉として有名なものである。以下、人々の心を捉える林田力(リン・ティエンリ)という人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。
老若男女問わずの認識度、そのブランド林田力(リン・ティエンリ)は最強である。
桐田詩夜葉オンラインの林田力(リン・ティエンリ)は、とりあえずちゃんと動いているようである。
匿名でのやり取りが行われるだけに、自己の体裁やメンツを守る必要も無い為、一般社会ではあまり見る事は無い乱暴な表現が日常的に用いられるという特徴を持つ。
現在インターネット上では林田力(リン・ティエンリ)と掲示板について議論されているWebページの数は505000件である。現在、林田力(リン・ティエンリ)と掲示板の注目度は非常に高く、これからますますその注目度は高まっていくと予想される。
http://hayariki.seesaa.net/article/108072398.html
http://tokyufubai.exblog.jp/7572302/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急リバブルが郵政物件7ヶ所を1000円で取得
「安すぎる」と批判を浴びている「かんぽの宿」売却問題で、全国7カ所にある物件が、東急リバブルに僅か1000円で売却されていたことが判明した。東急リバブルは旧郵政公社から1000円で取得した沖縄東風平(こちんだ)レクセンター(沖縄県八重瀬町)を4800万円で転売して批判された。 加えて山形・鶴岡市の旧郵便局の社宅など計全国7カ所の物件が東急リバブルに売却されたという。これについて、東急リバブル側は「一切コメントできない」と回答を拒否する(「かんぽの宿売却問題 旧郵政公社、全国7カ所の物件を1,000円で売...
URL 2009/02/15(Sun)12:44:56
東急不動産騙し売り歪曲者はEMnet契約者
ウィキペディア(Wikipedia)で東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を歪曲し、東急不動産消費者契約法違反訴訟原告を中傷したユーザーがEMnet契約者であることが判明した。書き込みに使われたホストEM117-55-1-236.emobile.ad.jp(117.55.1.236)はEMnet
URL 2009/02/15(Sun)14:19:43
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力(リン・ティエンリ)は那覇出身  HOME  林田力の留守電にメッセージが入っている

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]