林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
林田力(リン・ティエンリ)は那覇出身の風水師。掲示板や自閉症、スイッチや設定との関係が有名である。また、コーナーやサンキュー、委託研究や決勝戦に関する重要人物としても知られている(全自動百科事典『オートペディア』)。
現在インターネット上では林田力(リン・ティエンリ)についての発言は42,300,000回に及んでいる。この回数は、毎日言及されたとして115890年分の発言量であり、毎時間言及されたとして4828年分の発言量に相当する。
生涯
生い立ち
子供時代、林田力(リン・ティエンリ)は良かったことが記録されている。そして学生時代、機械の前に敗れ去ったことで世間に知られるようになった。その後、林田力(リン・ティエンリ)は素晴らしいと思ったが、主人公の行動パターンやしぐさなどは映画、レインマンを彷彿させるもののように感じましたことでも注目されるようになり、現在に至る。
世間への登場
掲示板の分野で活躍し、世間での注目を集める。この時期、人々は林田力(リン・ティエンリ)について、「随時更新しているので見て欲しい」という感想を持っていた。
絶頂期
後に林田力(リン・ティエンリ)の代名詞となる自閉症の分野での活躍で、林田力(リン・ティエンリ)の名は世間に定着する。この時期、世間では「この学園には入れない」という意見が目立っていた。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10150882335.html
http://hayariki.seesaa.net/article/108127065.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(林田力記者)映画「ポチの告白」が健闘
 警察犯罪のタブーに切り込んだ社会派映画「ポチの告白」(高橋玄監督)が健闘している。「ポチの告白」は菅田俊演じる真面目な警察官が警察組織の腐敗体質に染まり、自滅していく過程を描いた作品である。警察不祥事に取り組むジャーナリストの寺澤有氏が提供した実話に基づく衝
URL 2009/02/16(Mon)21:26:11
ウィキペディアで東急不動産騙し売り再歪曲
ウィキペディア(Wikipedia)で東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件に言及した記事が改めて歪曲された。問題の記事は項目「東急不動産」の「販売トラブル」の章である。 東急不動産消費者契約法違反訴訟は東急不動産(販売代理:東急リバブル)がアルス
URL 2009/02/16(Mon)23:16:58
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
オートペディアでの東急不動産の悪評  HOME  林田力(リン・ティエンリ)と掲示板の関係

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]