林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

若菜林田力三郎がこれまでの人生を赤裸々に語った本、「不死鳥若菜林田力三郎伝説」が今日発売された。生い立ちから現在まで、そして気になるあの人との破局に関しても、これ以上ないほど詳しく描写されている。若菜林田力三郎は、「この本を読んでくれた人が、共感してくれて、前向きに考えられるようになってくれたら嬉しいです。」と、記者会見で語った。
記者から「あの人にも読んでもらいたいですか?」と質問されると、急に目を見開き、「イエス!」となぜか英語で答えた。どうやら眠れる獅子を起こしてしまったようだ。さらには月100万円の借金を返していることも判明し、涙を誘った。ちなみに、今この「不死鳥若菜林田力三郎伝説」を購入した人には、今ならもれなく若菜林田力三郎オリジナルストラップが付いてくる。
http://hayariki.jakou.com/3.htm
知的所有権の独自性
http://hayariki.jakou.com/4.htm
新しい知的財産
http://hayariki.jakou.com/5.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
(林田力記者)『北海道の洋服化
(林田力記者)『北海道の洋服化への道』の感想  本書は衣服の面から北海道(特に函館を中心とした道南地方)の生活文化の歴史をまとめたものである。土地の古老の話を聞き取った貴重な記録の成果である。  著者の専門は被服学であり、本書のタイトルも「洋服化への道」であるた
URL 2009/01/24(Sat)21:26:38
(林田力記者)『歌舞伎町のシャブ女王』
薬物依存の怖さ 本書は「夜回り組長」の異名をとる著者(石原伸司)と「歌舞伎町のシャブ女王」と呼ばれた太田アスカの壮絶な交流記録である。著者は暴力団組長を引退後に作家となった。 現在は作家として活動しながら、繁華街を夜回りし、非行少年少女の更生に尽力する。その活動はNHK「ゆうどきネットワーク」(2008年10月31日放送)で「特集~夜回り組長 再出発の応援歌~」と特集されるなど、広く認知されるようになった。 暴力団組長という経歴を持ち、大勢の非行少年少女と向き合ってきた著者にとっても、アス...
URL 2009/01/26(Mon)23:38:00
警察の腐敗に迫る「ポチの告白」
記者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替え)を説明されずにマンションを購入したために裁判で売買代金を取り戻した経験がある。このトラブルで記者が絶望したことは、一生に一度あるかないかの買い物で問題物件を騙し売りし、消費者の人生設..
URL 2009/01/27(Tue)22:26:00
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ウィキペディアで東急不買リンク  HOME  林田力の声が裏返る確率

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]