林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
(林田力記者)南京大虐殺の生存被害者、夏氏の勝訴は確定しても
南京大虐殺事件の生存被害者である夏淑琴氏の勝訴を記念する集会「夏淑琴さん名誉毀損裁判 大勝利記念集会」が2009年7月5日に東京・江東区豊洲文化センターで開催された。南京への道・史実を守る会及び夏淑琴氏名誉毀損事件弁護団の共催である。
夏淑琴さん名誉毀損裁判は夏氏が東中野修道・亜細亜大学教授と展転社を名誉毀損や人格権侵害で提訴した訴訟である。夏氏は1937年に南京市を占領した日本軍が多数の一般市民を虐殺した南京大虐殺で両親や姉妹を殺され、自身も銃剣で刺された被害者である。この夏氏について、東中野修道・亜細亜大学教授は著書『南京虐殺の徹底検証』(展転社)で「「8歳の少女」と夏淑琴は別人」とニセ被害者扱いした。
この事実を知った夏氏は2000年11月に中国・南京で名誉毀損訴訟を提起した。東中野氏と展転社は中国では争わず、代わりに東京地裁に日本国内での賠償金支払いの債務不存在確認訴訟を起こした。対する夏氏は名誉毀損侵害などの反訴で応じた。
http://www.news.janjan.jp/world/0907/0907066429/1.php
http://hayariki.seesaa.net/article/123048483.html
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0001030341
http://www.book.janjan.jp/0907/0907030264/1.php
「一澤帆布の泥沼相続紛争は遺言が罪つくり」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/39284
http://news.livedoor.com/article/detail/4244904/
ある刑事裁判にみる労働者にとっての労働法の大切さ
http://www.news.janjan.jp/living/0907/0907086607/1.php
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判』反響  HOME  だまし売りの東急不動産ブランド

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]