林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
【中央区勝どき】
 記者が東陽院に参詣した目的は江戸時代後期の作家・十返舎一九の墓所であった。一九の墓所は東陽院の正門右手にある。一九は日本で最初の職業作家と言われる。代表作『東海道中膝栗毛』は弥次郎兵衛と喜多八の道中記である。会話中心の文体は当時として斬新な試みであった。斬新であったために当初は版元が出版を躊躇したほどであった。ところが、出版と同時にベストセラーとなった。
 記者は2009年7月1日に自らの不動産トラブルを描いたノンフィクションを出版する予定である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。この書籍の特徴は裁判期日における当事者及び代理人弁護士と裁判官の会話を丹念に再現したことにある。複雑な裁判事件を会話中心で展開させたことは一つの挑戦であった。そのため、記者は一九の墓で出版の成功を祈願した。
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/39050
http://hayariki.seesaa.net/article/122482582.html
「投票率向上は選挙運動自由化で」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/39105
http://news.livedoor.com/article/detail/4228877/
「MR.BRAIN 脳トレパン」キムタク主演ドラマとコラボ」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38947
著者が語る『東急不動産だまし売り裁判』を書いて
http://www.book.janjan.jp/0907/0906275944/1.php
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
二子玉川東地区住民まちづくり協議会が住民提案を披露5
 住民提案はA案とB案の2パターンを用意した。A案は2-a街区に公共施設(図書館、多目的ホール)、商店、オフィス、住居、緑地を配置する。東急案と異なり、建物の規模を小さくし、分散させた。これによって様々な機能が適度に混在するミックス・コミュニティを実現する。  B案では2-a街区に都市計画公園を充てる。2-a街区の建物は公共施設と3棟ほどの商業施設(レストランなど)だけで、残りは緑地とする。2-a街区を公園としたため、公園予定地の西半分を4(※原文ローマ数字)街区として住宅とする。 住民の反応はB案へ...
URL 2009/10/28(Wed)07:49:51
林田力さんの二つ名は
林田力さんの二つ名は…「明滅(ダークネス)」です 林田力さんの2009年10月の運命は・・・ | 予言詩メーカー1日~7日 沈黙は怒りに打ち勝つ 大きな橋を渡るのはやめたほうがいい 苦悩は光を受けて輝く あなたは決着を望むだろう8日~14日 古い記憶が甦るだろう 輪...
URL 2009/10/28(Wed)21:40:19
岡田外相の天皇お言葉見直し発言騒動に見る攻守逆転
 天皇陛下のお言葉の見直しを求めた発言について岡田克也外相は、2009年10月27日の記者会見で「私が陛下のお言葉に異を唱えたように受け取られ、首相にご迷惑をかけた」と陳謝した。一方で「違う表現の案が検討されていい」と述べ、持論は曲げなかった。  この騒動では岡田外相の軽率さが非難される傾向にあるが、本記事ではもう少し巨視的な視点から分析する。軽率な発言がなされ、それが人々の心情を害して大きな反発を呼ぶ。発言者本人は形式的な陳謝をするが、謝罪は世間を騒がせたことに対してであって、根本的に...
URL 2009/10/28(Wed)22:34:21
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判』推薦依頼  HOME  (林田力記者)投票率向上は選挙運動自由化で

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]