林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
(林田力記者)『科捜研 うそ発見の現場』を読む~「先入観」くつがえすポリグラフ
 本書を読むと、あたかも真実であるかのように平然と嘘をつく人間がいることが分かる。著者が「犯人ではなさそう」との印象を受けた被疑者の多くが、ポリグラフ検査では特異反応を示している。そのような事例を特に集めたのかもしれないが、人は見かけだけで簡単に騙されてしまうことを意味している。
 私自身、売り主の東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実を隠されてマンションを購入した経験がある。売買代金の返還を求めた裁判では被告の嘘を崩すことが大きな課題であった(参考:「マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産」)。「嘘をつくと顔に出るから分かる」というようなレベルの問題ではないことを、身をもって経験しているため、本書の内容は考えさせられた。
http://www.book.janjan.jp/0812/0812153554/1.php
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/847
http://hayariki.seesaa.net/article/111593410.html
【ドラマ】「ブラッディ・マンデイ」余韻が残る最終回
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=30520
【M-1グランプリ】好テンポのNON STYLEが優勝
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=30548
『打ったらハマるパチンコの罠PART2』の感想
http://www.book.janjan.jp/0812/0812213893/1.php
「憲法改正試案集」
http://www.ohmylife.jp/life/art/ohmylife_taiken/366
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『東急不動産だまし売り裁判』まえがき
原告は二〇〇三年六月二六日に東急不動産(販売代理・東急リバブル)から新築マンション・アルス東陽町三〇一号室(以下、アルス)を二八七〇万円で購入したが、東急不動産は販売時に不利益事実を説明しなかった。不利益事実とはアルスの隣地に、アルス完成後すぐに三階建ての工務
URL 2009/06/14(Sun)15:51:49
林田力記者「【テレビ評】「天地人」第23回 愛の兜
林田力記者「【テレビ評】「天地人」第23回、「愛の兜」」ツカサネット新聞 戦国武将・直江兼続の生涯を描くNHK大河ドラマ「天地人」第23回「愛の兜」が2009年6月7日に放送された。いよいよ今回は兼続のシンボルとも言うべき愛の前立ての兜が登場する。直江兼続(妻夫木聡)の見せ場であるが、これは一番の注目していたシーンではなかった。 前回(「真田幸村参上」)の次回予告に子ども時代の与六(加藤清史郎)と喜平次(溝口琢矢)が登場したためである。この二人の子役は僅か2話でバトンタッチしたが、非常に印象的な存在であっ...
URL 2009/06/15(Mon)07:35:20
ブランズ小竹向原でクレーン死亡事故
東急不動産の分譲マンション「ブランズ小竹向原」建設現場(東京都板橋区小茂根2)でクレーンが転倒し、作業員二人が下敷きになった。一人が死亡し、別の一人が腕の骨を折る重傷を負った。五洋建設東京建築支店が施工していた。 東京電力によると、倒れたクレーンが電線に
URL 2009/06/15(Mon)22:13:20
新刊案内『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
転送・転載歓迎 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年7月1日刊行 東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約
URL 2009/06/16(Tue)07:26:37
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
【M-1グランプリ】好テンポのNON STYLEが優勝  HOME  (林田力記者)『貧困にあえぐ国ニッポンと

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]