林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
漫画「ホロ酔い酒房」には二子玉川再開発による自然破壊が理解できるシーンが登場した。 「ホロ酔い酒房」は主人公の酒と肴へのこだわりを描く長尾朋寿の作品である。その377「多摩川と鮎」(週刊マンガサンデー2009年6月9日号)では二子玉川が舞台である。主人公は多摩川の鮎を見に来たが、川岸を堤防工事しているため、川面に行けないというシーンがある。最後のコマには川岸から見た建設中の二子玉川ライズ タワー&レジデンスが描かれている。圧迫感のある高層マンションが景観を破壊する様が分かる。
http://hayariki.seesaa.net/article/120512801.html
『東急不動産だまし売り裁判』書籍化 - バラック・オバマ 応援ポータルサイト 
http://www.barackobama.jp/blog-index.page-clipping-clipping_id-116209.htm
北芝健の空手道場・修道館で無料体験
http://hayariki.seesaa.net/article/120333757.html
『報道されない警察とマスコミの腐敗』警察と報道に共通する問題
http://hayariki.seesaa.net/article/120513111.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急創業家・五島浩は創価学会員
東急グループの創業者・五島慶太の孫で、二代目総帥・五島昇の息子の五島浩は創価学会員と報道された。「創価学会の信者でもあり、時おり現地の集会にも顔を出す」(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」後編」週刊新潮 2009年9月10日号50頁)。 池田大作
URL 2009/09/20(Sun)21:38:58
『全壊判定』マンション購入が怖くなる2
 また、建設業者の東日建設は地盤が悪いと責任逃れをする(85頁)。それでいながら、マンション住民には建て替えを奨める。ふざけたことに「ご縁のある現場ですから、どこよりも最優先でやらせていただきます」と被害者感情を逆撫でする発言を平然とする(89頁)。売ったら売りっぱなしで責任をとらないどころか、被災住民から再度工事を受注して搾り取ろうとする。このような業者の責任逃れが許されている点がマンション問題を深刻にしている原因である。本来ならば震度5で全壊になるようなマンションを建てた業者や埋立地...
URL 2009/09/21(Mon)10:10:12
二子玉川ライズは魅力喪失
二子玉川ライズが営利中心の再開発であり、二子玉川の魅力を喪失させるものであることはマスメディアでも認識されている。「日本初のショッピングセンターが発散するおしゃれな雰囲気と、昔ながらのひなびた風情。東京都世田谷区の二子玉川駅周辺、通称ニコタマの魅力は、...
URL 2009/09/21(Mon)11:10:22
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急リバブルの虚偽広告体質  HOME  ジョイント破綻で不動産業者への不安再燃

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]