林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
二子玉川東第二地区市街地再開発事業に住民意見の反映を求める「二子玉川東第二地区市街地再開発事業に関する陳情」が2009年12月15日付で東京都議会に提出された。陳情者は二子玉川東地区まちづくり協議会会長、にこたまの環境を守る会事務局長、二子玉川の環境と安全を取り戻す会代表らである。陳情では住民の意見を聞くように事業者を指導することを求める。あわせて住民と事業者の話し合いの場を調整するように世田谷区への働きかけを求める。
陳情理由として二子玉川東地区再開発事業が都市計画決定された2000年から約10年を経た社会・経済情勢の変化を挙げる。地球規模で環境問題への意識が高まり、公共事業への考え方も変わっている。それにもかかわらず、2009年11月28日に事業認可申請された二子玉川東第二地区市街地再開発事業は都市計画決定時と大差ない高層ビル中心の計画であった。
既に第一期工事(二子玉川ライズ タワー&レジデンス建設など)によってもたらされた日影、電波障害、景観阻害、圧迫感、風害、太陽光照り返し、開発交通量の増大、大気汚染悪化など大きな被害が生じている。このため、地元住民は「これ以上の超高層建築物は見直して欲しい」との思いを強くしているとする。
http://tokyufubai.exblog.jp/9503897/
http://hayariki.seesaa.net/article/136695440.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20091229
ブランズシティ守谷(くらしブランドハッピー守谷)反対運動
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/qualia2.htm
ブランズシティ守谷ハッピー守谷(くらしブランド)~高層分譲マンション問題~
http://www.branzcity.com/
ブランズシティ守谷の建築確認に審査請求
http://www.news.janjan.jp/area/0712/0712167389/1.php
ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)には住みたくない
http://www.freeml.com/tokyufubai/11366/latest

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産だまし売り裁判・第四回弁論準備手続
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 第四回弁論準備手続は10月14日11時から民事第7部書記官室で開催された。出席者は原告、原告代理人、井口弁護士、関口冬樹である。協議には書記官も同席した。次回以降の日程として以下が決められた。  アルスでの現地進行協議手続を11月29日14時から行う。アルス正面玄関に集合する。事実上の現場検分である。  証人尋問を12月22日13時半から16時半まで東京地裁625号法...
URL 2010/08/06(Fri)07:28:50
マンション仲介広告に注意(2)東陽町営業所の虚偽広告前編
【PJニュース 2010年8月4日】東急リバブルによるアルス仲介虚偽広告は錦糸町営業所だけで終わらなかった。東急不動産だまし売り裁判では原告の請求通り、東急不動産から原告に売買代金が返還された。アルス301号室の所有権は東急不動産に戻され、アルス301号室は東急リバブル東陽町営業所の専属専任媒介で売りに出された。ところが、その仲介広告にも虚偽があった。 http://news.livedoor.com/article/detail/4925003/ http://www.pjnews....
URL 2010/08/07(Sat)09:41:00
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急リバブルGoogle検索ピックアップ  HOME  東急リバブルYahoo!検索ピックアップ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]