林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
再開発地域の二子玉川は国分寺崖線と多摩川に挟まれた自然環境豊かな風致地区である。ここに超高層ビルが建設されることにより、国分寺崖線上から富士山や丹沢連峰を望む景観と河川岸辺から崖線を望む連続性のある景観の2方向の景観を破壊する。
再開発組合の有力地権者である東急不動産自身が再開発地域周辺の東京都世田谷区上野毛2丁目に分譲マンション・上野毛ファーストプレイスを2003年頃に販売した際、景観をセールスポイントとした。即ち、所在地は従来から豊かな自然に恵まれ、国分寺崖線から多摩川の夕日や、多摩川越しの富士山の眺望が望まれる地域とし、「品格と趣を脈々と継承する静謐の地」であるとして本来の本件地域の特質を最大の広告文句とした。
物件の広告Webサイトでも以下のようにアピールしていた。
  「第一種低層住居専用地域・風致地区という閑静な邸宅街。国分寺崖線の緑に調和する3000本以上の緑化計画・屋上緑化などの環境条件のみならず、そこには多摩川や富士山を見渡す絶景が広がります。」
  「国分寺崖線の傾斜を利用し、多摩川の潤い、富士の頂きを遠景に豊かな緑を暮らしの借景として望められるよう多摩川を望む西向住棟としました。」
  「黄昏時、多摩川に映えるあたたかい夕日に、時を忘れたかのような美しさを覚え、バルコニーから鑑賞する夏の夜空を彩る花火に迫力と感動を知る。そして晴れた日の遠景に富士山の荘厳さを思う。この窓辺には心奪われる瞬間が今日も広がっています。」
その景観を東急不動産自身が有力地権者となっている再開発組合が破壊することは自己矛盾である。景観の良さをセールスポイントとした販売したマンション購入者との信義の点から許されない。現実に販売時のみ都合の良い説明をする詐欺的商法は法律問題になっている。
東急不動産は江東区東陽でも洲崎川緑道公園への眺望などをセールスポイントとして分譲マンションを販売したが、不利益事実(隣地建て替えによる景観・眺望阻害など)を説明しなかった。このため、アルス東陽町301号室の購入者は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき売買契約を取り消し、東京地裁平成18年8月30日判決(平成17年(ワ)3018号)は東急不動産に購入者への売買代金全額返還を命じた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』88頁)。
http://hayariki.seesaa.net/article/137284238.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1133
二子玉川ライズ中止・見直しアピール
http://hayariki.seesaa.net/article/136850644.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1128
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急リバブルのパンフの腹立たしさ
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【問題物件をたっぷり召し上がれ】東急リバブルが配布したパンフレットのタイトルは「Buon Appetito!」である。この言葉はパンフレットのみならず、図面集でも使われている。この言葉はイタリア語で「たっぷり召し上がれ」の意味であると説明されている。但しイタリア語ならばBuon appetitoとAは小文字で表記するのが普通である。フランス語のBon AppetitならばAは大文字であるが、イタリア語は異なる。東急リバブルはパンフレット等...
URL 2010/08/16(Mon)07:55:08
私は寿司が最も好きです。
こんにちは。スミスさん。質問させてください。 私は寿司が最も好きです。時々、日本人の友人と寿司屋に行きます。そこでは箸を使わなくて済むのがいいです。私は箸を上手に使えません。 分かりました。蕎麦はどうですか? 私は蕎麦も好きです。私の日本人の友人は私を蕎麦屋に連れて行ってくれます。彼らは音を立て、早く蕎麦を食べます。私は、そのようには食べられません。私が蕎麦をゆっくりと食べるので彼らは待たなくてはなりません。 日本では大きな音を立てて蕎麦を食べることは悪いことではない。 そうなの...
URL 2010/08/17(Tue)10:36:50
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズは住環境悪化1  HOME  二子玉川ライズで東急田園都市線混雑激化

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]