林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
(5) 都市再開発法17条2項は、「定款又は事業計画若しくは事業基本方針の決定手続又は内容が法令(事業計画の内容にあっては、前条第3項に規定する都道府県知事の命令を含む)に違反している」場合には不認可とすべきであることが定められている。
 すなわち同条2項は平成11年の都市再開発法の改正によって現在の形とされたものであるが,これは知事が同法16条の手続によって、出された意見を権利保全の観点から十分に検討し,必要な修正命令を発令した場合、このような形でこれを申請者が遵守すべき者とすることを条件に,認可処分を従来の自由裁量行為から拘束的な処分と変更したものである(甲27)。
 都市再開発法16条3項の知事の修正命令は,関係権利者の権利保全のための手続きであるから、本件のように同条第2項の手続により,明らかに第2期事業の権利侵害生が明らかにした意見書が提出されている場合には,本件の事業計画に必要な修正命令をなすべき義務がある。
 然るに東京都知事は,前述するとおり適正な修正命令を出さないまま、17条2項に定める不認可事由が存在しないとして、提出された意見書を不採択とし,都市再開発法11条の設立認可処分をなしたものであり,これは都市再開発法16条3項,及び17条に違反し、行政の裁量権を逸脱するもので違法である。
http://book.geocities.jp/hedomura
林田力「男になれなかった市川海老蔵(中)」PJニュース2011年1月3日
http://news.livedoor.com/article/detail/5245612/
http://www.pjnews.net/news/794/20101229_8
林田 力 さんのプロフィール - Windows Live
http://cid-6f70f3d787246e44.profile.live.com/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
男になれなかった市川海老蔵(中)林田力
JUGEMテーマ:エンターテイメント 【PJニュース 2011年1月3日】これに対して、伊藤リオン容疑者には不自然な持ち上げ報道がなされた。伊藤容疑者に息子を殺害された父親に「芯から悪い人間じゃないと思いますよ」とまで語らせた(「リオン容疑者らに息子殺された父「リオンは筋の通ったワル」」女性セブン2011年1月6・13日号)。伊藤容疑者は他の襲撃犯と異なり、500万円の損害賠償を支払ったとされるが、数百万円を支払った程度で評価されたならば殺された息子も浮かばれないだろう。さらに関東連合系...
URL 2011/01/08(Sat)09:18:10
100人以上の市民が二子玉川ライズ行政訴訟提訴(上)林田力
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2011年1月5日】世田谷区民を中心とした125名の市民が2010年12月28日、東京都の二子玉川東第二地区市街地再開発組合設立認可申請の取り消しを求めて、東京地裁に提訴した。原告の人数は年明けにも追加される予定である。住民側は二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)に対し、都市計画制度を濫用して強行された憲法第13条(生命、自由及び幸福追求権)及び第25条(生存権)、住民自治の本質に違反する重大な乱開発であると主張する。超...
URL 2011/01/10(Mon)13:59:15
100人以上の市民が二子玉川ライズ行政訴訟提訴(中)林田力
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 【PJニュース 2011年1月7日】二子玉川ライズに対しては既に2件の訴訟が起きている。二子玉川東地区第一種市街地再開発組合(川邉義高・理事長)に再開発事業の差し止めを求めた民事訴訟は上告審に係属中である。熊本哲之・世田谷区長に再開発事業への補助金支出差し止めを求めた住民訴訟は控訴審に係属中である。これらの訴訟と比較した今回の訴訟の特徴を2点指摘する。第一に今回の訴訟が第二期事業(二子玉川東第二地区再開発)を対象としている点である。「二子...
URL 2011/01/11(Tue)22:54:10
東急不動産係長がトラブル相手に嫌がらせ電話で逮捕3林田力
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 パブ記事では「同社(東急不動産)はあくまでも客観的・中立の姿勢を貫きつつ、本業の収益拡大に主眼を置いた戦略を提案する」と述べ、高田容疑者の以下の言葉を引用する。「クライアントベストの追求が私たちのミッションです」これはコンサルタントに望まれる姿であるが、トラブルになったホテル運営会社とのコンサルティングでは、クライアントのベスト追求の正反対であった。高田容疑者はクライアントを恨み、嫌がらせ電話を繰り返した。パブ記事の謳い文句と実態には信じ...
URL 2011/01/12(Wed)21:49:32
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズ取消訴訟訴状:再開発地区計画  HOME  二子玉川ライズ取消訴訟訴状:プライバシー侵害

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]