林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の工事への批判がインターネット掲示板に投稿された(「二子玉川ライズ タワー&レジデンスってどうでしょう?Part 9」)。近隣住民の安全や不快な思いをさせないことを最優先にすることが工事の基本であるが、二子玉川ライズの工事には欠けていると指摘する。近隣住民を無視して建設された二子玉川ライズ タワー&レジデンスが居住者に快適であると考えるならば楽天的過ぎる。
二子玉川では随所で工事が行われており、どこを通ればいいか分からない。工事現場の間を縫うような通路になっている。工事関係車両が出入りする場所に警備員がおらず、当たりそうになったこともあるという。工事関係者の歩き煙草も止めさせて欲しいとする。子どもも通園で通る細い通路での煙草は危険である。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1126
http://hayariki.seesaa.net/article/137018699.html
ブランズシティ守谷反対Google検索ピックアップ
http://hayariki.seesaa.net/article/137019630.html
東急不動産のブランズシティ守谷に反対運動
http://www11.atwiki.jp/tokyufubai/pages/15.html
東急不動産ブランズシティ守谷の不人気
http://hayariki2.seesaa.net/article/125149733.html
ブランズシティ守谷ハッピー守谷(くらしブランド)
http://wadaino.jp/detail/52827313
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
小説インターネットプランナー電子出版
これはインターネットプランナーを職業とした人物の物語である。インターネットプランナーは馴染みの薄い職業である。インターネットプランナーの職務内容説明書は存在しない。世間に認知された職業に就いたのではなく、プランナーが自ら肩書きを作ったと言った方が正しい。 プ
URL 2010/08/08(Sun)18:05:45
マンション仲介広告に注意(5)他社広告に伝播
【PJニュース 2010年8月7日】東急リバブル東陽町営業所が専属専任で仲介したアルス301号室では、東急リバブルとは別の不動産業者の広告チラシでも虚偽内容が記載されていた。問題の広告はナイス株式会社木場営業所が2008年2月に配布したチラシである。虚偽内容は3点ある。
URL 2010/08/09(Mon)14:20:31
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ブランズシティ守谷二子玉川ライズ反対リンク  HOME  東急リバブルGoogle検索ピックアップ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]