林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

既に第一期工事(分譲マンション・二子玉川ライズ タワー&レジデンス建設など)が進行中であり、上述の被害が顕在化している。ビルの反射光により、変なところから変な時間帯に光が照射されるという想定外の被害も明らかになった。また、住民が親しんで来た多摩川からの風も届かなくなってきている。
住民は生命と健康を危険に晒す複合被害に苦しんでいる。この状態で新たに超高層ビルを建設すれば住民の被害激化は明白である。
http://hayariki.seesaa.net/article/137766366.html
知らないだけ
http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/6582572.html
http://hayariki2.seesaa.net/article/137593047.html
二子玉川第2地区再開発事業計画縦覧と住民陳情
http://www.janjannews.jp/archives/2235623.html
二子玉川東地区住民まちづくり協議会が住民提案を披露
http://www.news.janjan.jp/area/0910/0910252196/1.php

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力:東急不動産のブランズBRANZ統一は成功するか
【PJニュース 2010年8月18日】大手不動産会社の東急不動産は2010年8月4日、分譲マンションと住宅のブランド名をブランズBRANZに統一すると発表した。大京のライオンズ、三菱地所のパークハウスのように大手デベロッパーは有名なマンション・ブランドを有している。 これに対し
URL 2010/08/19(Thu)09:39:06
東急リバブルの他社非難
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 マンション購入に際して原告は、他の多くのマンション購入検討者と同様、複数の新築マンションを検討していた。そもそもアルスが比較対照という位置付けであった。検討対象のマンションの一つに株式会社ダイナシティのマンション「デュオ・スカーラ東陽町」がある。ここは原告が東急門前仲町マンションギャラリーに行く以前から販売担当者と接触していた。デュオ・スカーラ東陽町はアルス東陽町と同じく江東区東陽一丁目にある。このマンションは二〇〇三年六月竣工、木場駅徒...
URL 2010/08/19(Thu)15:32:12
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズの短所  HOME  二子玉川ライズは住環境悪化1

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]