林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
 この活動は早稲田大学卯月研究室(卯月盛夫教授)の協力により進められ、今回の意見交換会でも早稲田大学芸術学校の奥村玄氏らが出席した。奥村氏は「再開発は周辺住民に大きな影響を受けるが、これまで再開発計画に地権者以外の住民の意見が反映されることはほとんどなかった。協議会の試みは大きな挑戦であり、日本社会に求められていることでもある。皆さんの願いをお手伝いしたい」と挨拶した。意見集約にはKJ法を活用した。住民は再開発への意見をポストイットに記入する。それを模造紙に貼り付けることで整理していった。
 二子玉川東地区再開発事業は住環境を破壊するとして住民から反対運動が起き、再開発組合に対する事業差止訴訟や世田谷区に対する公金支出差止訴訟が裁判所に係属中であるが、第1期工事は進行中の状態である。一方で再開発地域の中央部に位置するII-a街区は具体化されていない。再開発地域の中心部分が具体化していないということ自体が再開発事業の無理を印象付けるが、そこに住民主導の計画を提言することが協議会の狙いである。
http://www.news.janjan.jp/area/0908/0908018086/1.php
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1004
http://hayariki.seesaa.net/article/125068494.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090807
住宅購入促進は景気回復に役立つか
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/39699
【テレビ評】「天地人」第31回、「愛の花戦」
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/39710
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『東急不動産だまし売り裁判』貴いバトン
東急リバブル東急不動産が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。このシンプルな事実が東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件原告の言葉からリアルに響く。林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』が照らす真実を、今度は私達が受け止
URL 2009/12/03(Thu)10:34:47
東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った書店リンク
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』楽天ブックス ジュンク堂書店 オンライン書店ビーケーワン HMV 東急不動産(販売代理・東急リバブル)から不利益事実を隠して問題物件をだまし売りされた著者(=原告)が消費者契約法に基づき売買契約を取り消し、裁判(東急不動産消費者契約法違反訴訟)で売買代金を取り戻した闘いの記録。 裁判における当事者と裁判官の緊迫するやり取りを丹念に再現 個人が不誠実な大企業を相手に闘うドラマがある! 裁判と並行して明らかになった耐震強度偽装事件の余波や欠陥施工、管理会社・東急コミ...
URL 2009/12/03(Thu)12:27:11
FW: 弁護士法人アヴァンセの虚偽工作
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之(「崎」は正確には俗字「立の崎」)、中島賢悟、森山弘茂、吉成安友は相続人でもない人間から相続交渉を委任した旨の委任状を提示した。 金崎、佐久間明彦、吉成、前田瑞穂は土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)において、被告個人が作成した文書(乙第14号証)を国税庁作成と詐称した(差し替え前の被告証拠説明書平成20年12月4日)。 また、被相続人の遺産である単元未満株を端株と虚偽主張した(被告準備書面(1)7頁)。被告準備書...
URL 2009/12/03(Thu)14:04:30
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
「天地人」第31回、「愛の花戦」 林田力  HOME  二子玉川住民が再開発を意見交換1 林田力

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]