林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 一方、認可申請を受けて世田谷区では事業計画の縦覧を開始した。縦覧期間は1月7日から21日まで(土・日曜、祝日を除く)の午前9時から午後5時までである。縦覧に供された事業計画に対しては2月4日までに意見書を提出することができる(都市再開発法第16条第2項)。
 事業計画によると、人工地盤の上に地下2階、地上31階、搭屋1階建て、高さ137mの超高層ビルが建てられる。敷地面積28083平米に対し、建築面積は22466平米で、建ぺい率80%を目一杯使用する。ビルの用途はオフィス、シネコン、フィットネスクラブ、ホテルなど営利性の強いものばかりである。(林田力)
http://www.janjannews.jp/archives/2235623.html
http://hayariki.seesaa.net/article/138114977.html
被害者
http://avance.yourfreehosting.net
http://avance.dtiblog.com/
二子玉川ライズの短所
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1134

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急リバブルの責任逃れ
【文書での回答要求】中田の電話が切られてから、更に数時間後、宮崎から電話がかかる。 「隣地所有者は建替えについて予め東急不動産に説明したと言っています」 「何階建てが建てられるのですか」 原告は「知っているくせに白々しい」と内心で感じた。知らぬふりをしていると
URL 2010/08/29(Sun)12:19:33
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズの不誠実な説明  HOME  告訴と被害届

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]