林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
大手私鉄では最悪に近い194%(池尻大橋-渋谷、平成17年度)。急行に限れば200%をゆうに超える。ラッシュ時はほぼ2分間隔で走る超過密ダイヤで、もはや増発の余地はない。それでも、大規模な住宅開発によって増え続ける沿線人口に、輸送力が追いつかない。乗客が集中する急行電車では乗り降りに時間がかかるため、「2、3分の遅延は慢性的に発生している」(東急電鉄)のが実情だ。
「ラッシュ対策は「逆転の発想」」産経新聞2007年3月29日
http://tokyufubai.seesaa.net/category/2569419-1.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産物件構造設計者は無資格(アトラス設計・渡辺朋幸)
東急不動産の新築マンションは一級建築士資格を保有していない無資格者が構造設計(構造計算)を行った。問題の物件は東急不動産の「アルス東陽町」(江東区東陽一丁目、2003年9月竣工)である。 構造計算はアトラス設計(渋谷区富ヶ谷)の渡辺朋幸代表が行った。渡辺朋幸代表は一級建築士資格を有していない。マンションに構造上の問題がある場合、居住者のみならず、近隣住民にも危険がある。そのため本件問題を公表する。 建築工事施工結果報告書の構造設計者欄に有限会社アトラス設計の渡辺朋幸と明記されている。無...
URL 2007/04/29(Sun)13:32:09
トステム成東株式会社成東工場、2007年9月末で閉鎖
トステム株式会社(本社:東京都江東区、社長:小川康彦社長)は、千葉県山武市のトステム成東株式会社成東工場を2007年8月末で操業停止し、9月末で閉鎖する(トステム株式会社「トステム成東工場、2007年9月末で閉鎖」2
URL 2007/04/30(Mon)21:23:26
トステム製クローゼット折れ戸で人身事故
トステム製クローゼット折戸で、幼児が指先をはさみ怪我を負うという人身事故が12月に発生した。扉を折りたたんだ時に、扉と扉の間にすきまが生じ、このすきまに指をはさんだまま扉を閉めますと大きな怪我につながる。
URL 2007/04/30(Mon)21:25:48
東急本位の計画
二子玉川東地区再開発事業は東急中心・住民不在である。計画は1988年に大場啓二・世田谷区長と横田二郎・東急電鉄株式会社社長、安藤哲郎・東急不動産株式会社社長(肩書きは全て当時のもの)との協定によっては始まったものである。再開発は区民が望んだものではない。住民
URL 2007/04/30(Mon)21:42:12
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産、嫌がらせ目的で供託制度を悪用か  HOME  アトラス・渡辺代表 東急物件の構造設計

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]