林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急電鉄の商業施設「あざみ野三規庭」は失敗と評価された。今では2004年の開業当時の姿は見る影もなく、2階には空き店舗が目立っている。東急電鉄の野本弘文専務は「あざみ野三規庭」の失敗を自認する(「成長路線図引き直し」日経ビジネス2010年1月18日号46頁)。
これは東急の高級化路線が沿線住民のニーズに応えられていないためである。東急沿線の高級イメージは実態と乖離している。「ずっしりとのしかかる住宅ローン」「暮らしぶりは意外とつましい」「住民のお寒い台所事情」と書かれている(45頁)。東急ストアが最大8店舗展開した高級スーパー「プレッセ」も5店舗まで縮小した。
東急電鉄の沿線開発モデルは限界に来ている。住宅用分譲地は払底し、沿線の高齢化も進む。東急沿線は「20~30代に魅力なし」とされる。三菱UFJ証券の姫野良太アナリストは「2011年3月期の不動産事業の営業利益は、2010年3月期よりも約48億円減少するだろう」と話す。不動産販売の利益が大幅に落ちると予測するためである。それでも記事は「改革のスピードは遅いと言わざるを得ない」と結論付ける(47頁)。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100122-00000301-cyzoz-soci
http://hayariki.seesaa.net/article/139653906.html
東急不動産だまし売り裁判を報告・景観と住環境を考える全国ネットワークで
http://www.news.janjan.jp/living/0911/0911253617/1.php
トヨタ自動車リコール問題へのアメリカ社会の怒り
http://www.janjannews.jp/archives/2596528.html
トヨタ自動車の大量リコールとコスト削減
http://www.janjannews.jp/archives/2601273.html
【書評】『天駆ける皇子』の感想
http://www.janjannews.jp/archives/2590244.html

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
被害者感情を逆なでする東急不動産
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 「しかし、日照や眺望がなければマイナスに評価するのが一般の感覚です。マイナスにこそなれ、プラスになることはありません」「・・・・・・」一瞬の沈黙が無限の嵐をはらんだ。原告は殊更挑発した訳ではない。率直に正論を述べただけである。「家を買う時に第一に見るのが日当たりです。真っ暗になってよかったという、おめでたい人は東急不動産のような悪徳業者にとっては都合のいいカモでしょうが、それは普通の人の感覚とは違います。正常な消費者はそれほどお人好しでは...
URL 2010/10/04(Mon)21:55:52
『歌手』マイブックル
『歌手』マイブックル、2010年 子どもの頃から歌手を夢見てデビューを勝ち取った女性が自らの半生を振り返る。新築マンションだまし売りの裁判闘争を描いたノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者・林田力による私小説。 第一章 子ども時代 第二章 母 第三章 歌手への憧れ 第四章 虚像 第五章 欠点 第六章 学校への反発 第七章 集団主義への反発 第八章 体育嫌い 第九章 金魚 第一〇章 中学 第一一章 高校 第一二章 科学の欺瞞 第一三章 ...
URL 2010/10/05(Tue)20:08:57
林田力『歌手』マイブックル
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動子どもの頃から歌手を夢見てデビューを勝ち取った女性が自らの半生を振り返る。新築マンションだまし売りの裁判闘争を描いたノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者・林田力による私小説。第一章 子ども時代第二章 母第三章 歌手への憧れ第四章 虚像第五章 欠点第六章 学校への反発第七章 集団主義への反発第八章 体育嫌い第九章 金魚第一〇章 中学第一一章 高校第一二章 科学の欺瞞第一三章 都会への脱出第一四章 感情失禁のような人類愛第一五章 最...
URL 2010/10/05(Tue)20:58:24
蘇我善徳
蘇我善徳(ぜんとく、ぜんとこ、豊浦大臣)は7世紀前半の日本列島において、野蛮な倭国を、国際的に通用する文明国にした有能な政治家であった。和と仏法を基本とした寿国(地上の楽園)を建設しようとした。しかし志半ばで暗殺され、死後も政敵による史書改竄で、不当に低い評価に貶められた。 即ち日本書紀では入鹿という穢名で呼ばれ、系図を操作されて蝦夷の子に変えられた。善徳の事跡のほとんどが、用明天皇と泥部穴穂部皇女との間に生まれた、一介の皇子である別人である厩戸皇子(馬屋門皇子、聡耳皇子、豊聡耳皇子)の...
URL 2010/10/06(Wed)17:23:03
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り裁判から分譲マンション見直し  HOME  東急不動産とアトラス設計

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]