林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急電鉄の平成19年9月中間連結決算は減収減益である。前年同期と比べて売上高は0.7%、最終利益は10.6%減少した。マンション用地など沿線の法人向け不動産販売が一巡して減収となったことが響いた。
http://tokyufubai.seesaa.net/category/2569419-1.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10055624162.html
http://tokyufubai.seesaa.net/article/66539186.html
http://www11.atwiki.jp/tokyufubai/pages/17.html
東急不動産に対する建設反対運動
http://hedo.at.infoseek.co.jp/b/qualia3.htm
今週の日経ビジネスで
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10055306759.html
東急リバブル東急不動産不買運動 ≪ 家・マンション ≪ 生活 | JUGEMテーマ
http://jugem.jp/theme/c127/1319/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
天命に逆らう東急リバブル東急不動産
東急リバブル東急不動産は不利益事実を告知せずに、アルス東陽町301号室を騙し売りした。従って消費者契約法第4条第2項に基づき、アルス東陽町301号室の売買契約が取り消されたことは不可避の天命であった。しかし東急リバブル東急不動産は運命に逆らおうとして馬鹿げたこ...
URL 2008/03/22(Sat)09:50:54
東急電鉄・五島哲は創価学会会館建設に尽力
東急電鉄取締役の五島哲は創価学会の会館建設に尽力したという。創価学会の池田大作名誉会長が聖教新聞の「池田名誉会長の世界との語らい」で指摘する(「第28回 実業界の人々 三井 江戸英雄氏 東急 五島昇氏」聖教新聞2007年12月23日)。 五島哲氏の死去について、以下のように述べている。「先日、東京急行電鉄の取締役であり、学会の会館建設にもご尽力をいただいた五島哲氏が逝去された。謹んで哀悼の意を表したい」。五島哲の父親の五島昇についても、池田会長は「「学会が進んできた道は正しい」と周囲に語っておられたとも...
URL 2008/03/22(Sat)10:51:33
東急ホームで携帯電話紛失
東急ホームで従業員が会社支給携帯電話を紛失する事件が発生した。紛失した携帯電話には26名分もの顧客情報が登録されていた。紛失したのは2008年2月28日だが、発表は翌月中旬になってからである(東急ホーム「携帯電話紛失について」2008年3月10日)。東急ホームでは2007年
URL 2008/03/22(Sat)11:58:36
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産ブランズ文京小石川に高価批判  HOME  京都公安調査事務所上席調査官が痴漢

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]