林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二子玉川ライズ住民訴訟控訴審準備書面(1)
キ 被控訴人は「風致地区に再開発事業を禁じる法条はな」いと述べている(20頁)。
 風致地区には高層建築物を建築することはできない。風致地区の建築制限等を遵守した再開発事業も観念的には不可能ではない。ただし風致地区の規制と,都市再開発地区制度における建築制限の緩和は相矛盾することとなる。従って本件では再開発地区計画の決定と同時に,風致地区の指定は解除されたわけである。
 本件再開発事業が,風致地区として長年にわたり建築物の高さ,面積などを規制し,緑豊かで,良好な景観を地域住民全員の努力で守ってきた「地域の実情に即した再開発の推進」(乙92・123頁)などとは言い得ないことは明らかである。
http://npn.co.jp/article/detail/13684462/
blogram
http://blogram.jp/users/analyze/?uid=108821
wikiブログ
http://hayariki2.fruitblog.net/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズは洪水対策に無責任  HOME  地域の実情に即さない二子玉川ライズ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]