林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
実際に増えているのは「マンションの買い時ではない」と考えている消費者であると推測する。現在は長期不況のとば口に立ったばかりというのが健全な経済感覚のある消費者の実感であろう。一頃に比べて地価が下がったとしても、これからもっと下がるならば、決して今が買い時ではない。反対に今の地価で購入してしまったならば高値掴みになってしまう。賢い消費者となって、企業のイメージ操作に踊らされないようにしたい。
最後に公正のために記者のスタンスについて説明する。この調査の幹事会社の東急不動産は不利益事実(隣地建て替えなど)を説明せずに新築マンションを販売したため、記者は裁判によって売買代金を取り戻した。この経験があるため、記者は東急不動産に対してネガティブなイメージを有していることを付言する。
http://www.222.co.jp/netnews/article.aspx?asn=34001
http://hayariki.seesaa.net/article/114353324.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/898
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『東急不動産だまし売り裁判』謝意
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)は不誠実な東急リバブル東急不動産に憤りを抱く人々の多大なる協力を得て脱稿することができた。消費者運動家には消費者契約法とは一体何ぞやという話から始まっての色々な相談に乗って頂いた。建築家には悪徳不動産業者との戦い方について様々な御指導・アドバイスをいただいた。市民運動家は欠陥住宅被害者とマンション建設反対運動のコラボレーションを推進された。法律家には著者の無理な相談...
URL 2009/07/27(Mon)07:46:25
『東急不動産だまし売り裁判』読者層拡大
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(林田力著、ロゴス社、2009年)...
URL 2009/07/27(Mon)20:44:19
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
(林田力記者)「天地人」第7回、「母の願い」  HOME  東急不動産騙し売り歪曲者はEMnet契約者

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]