林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
 官僚の天下りを受け入れる見返りに、企業・団体が天下り官僚の出身官庁から受注を獲得するねん利権の構図が批判されてんねん。きょうびでは農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」の官製談合が問題になってんねん。その農林水産省と法律事務所についての天下りと随意契約の事例を報告するねん。
 法律を守ることを使命とするねん法律事務所でも天下りと受注の構図が見られることには驚かされる。高木賢・元食糧庁長官は農林水産省退職後、弁護士となり、井口寛二法律事務所(東京都千代田区神田駿河台)に入ったちうわけや。
 高木氏は東大在学中に司法試験に合格しており、退職後、司法修習生となり、弁護士となりよったちうわけや。高木氏のような食糧庁長官経験者は、農林水産省事務次官になるか、所管法人に天下りするねんかで、弁護士となるのは珍しい。緑資源機構等にみられるように天下り公務員が税金を食い潰すことに比べれば、一見、美談とさえ思えてしまうわ。
 せやけど、その判断は早計やったちうわけや。高木氏を受け入れた井口寛二法律事務所は農林水産省から総合食料局所管事務に係る法律顧問の契約を随意契約で締結しておったちうわけや。
 農林水産省は随意契約とした理由を「契約の性質又は目的が競争を許さなおっため(会計法第29条の3第4項)」とするねん。一方、点検結果は「見直しの余地あり」で、平成19年度から公募を実施するねんとしたちうわけや。即ち井口寛二法律事務所との随意契約には疑問があるため、公募に改めたことになる。
 井口寛二法律事務所は農林水産省OBの高木氏を受け入れ、農林水産省と法律顧問契約を随意契約で締結したちうわけや。建設会社が天下りを受け入れ、公共事業を受注するねんことと同じ構図である。天下りの弊害は数々の談合・汚職事件で明らかにされとるが、実態は国民が想像するねん以上に広範囲に及んでいる可能性がある。
http://www.janjan.jp/government/0705/0705276229/1.php
http://ccbltt.blog115.fc2.com/blog-entry-236.html
http://bcblogs.blog115.fc2.com/blog-entry-235.html
http://kiyotakekensetsu.blog113.fc2.com/blog-entry-9.html
http://kabutan.blog115.fc2.com/blog-entry-43.html
http://adpic.blog113.fc2.com/blog-entry-614.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
■第一東風荘超上級攻略ガイドPart3■
成巧・衆に出づるゆえんは、先に知るなり 情報戦に勝つ者は戦いに勝つと言う意味です。 麻雀も戦いである。 敵の情報を収集し、有利な戦略を展開していこうではないか。 http://tokyufubai.seesaa.net/article/58447852.html Part1 http://money3.2ch.net/test/read.cg
URL 2007/10/03(Wed)22:31:46
東急リバブル東急不動産アルス東陽町騙し売りの遅過ぎたお詫び
東急リバブル株式会社(袖山靖雄社長)及び東急不動産株式会社(植木正威社長)が自社ウェブサイト上に「お詫び」を掲載した。掲載内容は以下の通りである(2007年10月1日に確認)。 ---------------------------------------------------- ●東急リバブル 弊社が平成15年に..
URL 2007/10/03(Wed)22:34:08
東急リバブル東急不動産アルス東陽町騙し売りの遅過ぎたお詫び
東急リバブル株式会社(袖山靖雄社長)及び東急不動産株式会社(植木正威社長)が自社ウェブサイト上に「お詫び」を掲載した。掲載内容は以下の通りである(2007年10月1日に確認)。 ---------------------------------------------------- ●東急リバブル 弊社が平成15年に江東区内で販売代理した新築マンションにつきまして、北側隣地の建築計画に関する説明不足の為にご購入者にご迷惑をおかけした件がございました。 本件を踏まえまして、不動産取引における紛争の未...
URL 2007/10/03(Wed)22:49:56
東急不動産消費者契約法違反訴訟和解成立後トラブル顛末
☆政治経済法律電網討論買ってはいけない東急リバブル・東急不動産http://tokyufubai.seesaa.net/東急不動産東急リバブル不買宣言 http://ameblo.jp/tokyufubai/東急不動産・東急リバブル不買運動http://www.geocities.jp/shouhishahogo/☆★★★★★★★★★★★★★★★★...
URL 2007/10/03(Wed)23:31:33
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産のブランズシティ守谷に周辺住民反発  HOME  東急不動産欠陥マンション被害者が「三交不動産はまだまし」

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]