林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
本書(シェルビー・ヤストロウ著、森詠訳『遺言執行』集英社、1995年)は800万ドルに及ぶ莫大な財産を残した身寄りのない老人の遺言執行をめぐるリーガル・サスペンスである。著者は米国大手企業の法務担当役員で、本作品がデビュー作になる。
リーガル・サスペンスと称される作品は数多くあるが、単に弁護士を主人公とすることや、法廷で殺人事件の謎解きが行われるために分類される作品も少なくない。これに対して本書は遺言が有効か無効か、遺産の正当な帰属者は誰かという法的な争点を正面から扱う本格的なリーガル・サスペンスである。林田力
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41263
【アニメ】「銀魂」月詠篇突入で人気キャラ再登場
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41261
大切な奥山の生物多様性を取り戻すために
http://www.news.janjan.jp/living/0910/0910041207/1.php
被害者の会
http://tokyufubai.bravehost.com/
http://wind.prohosting.com/rain7/avance/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アヴァンセ金崎浩之のブログに反論記事
ブログ「弁護士と闘う」が2010年2月15日に記事「アヴァンセ金崎浩之弁護士のブログに反論」を発表した。記事は金崎浩之(弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ代表)のブログへの反論である。金崎は懲戒処分を受ける弁護士の「ほとんどが広告活動をしていない弁護士」と主張する。「だいたい1人で細々とやっている先生が、ずさんな仕事の管理をして、依頼者の債権が時効になっちゃったり、国選の刑事事件で全く接見に行かなかったり…。」という。 これに対して、「弁護士と闘う」では「そこまで言ってしまったんです...
URL 2010/02/27(Sat)23:03:31
東急リバブル東急不動産の不誠実な対応
次に「東急リバブル東急不動産の不誠実な対応」です。 ここでは裁判に至るまでの東急リバブルと東急不動産の不誠実な対応を説明します。 東急リバブルも東急不動産も担当者の頻繁な交代、居留守、たらい回しにより、とにかく逃げ回ることしか考えていませんでした。都合が悪くな
URL 2010/02/28(Sun)12:29:08
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
「アソシアコーポレーション・東急不動産のサイトブログに関するご説明」批判  HOME  東急百貨店宣伝スパム

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]