林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
これに対して書き込まれた人物D氏は中島賢悟弁護士を代理人に立て、西村博之氏を債務者として、書き込みの削除を求める仮処分を東京地方裁判所に申し立てた(平成21年(ヨ)第2206号)。D氏側は「投稿内容が私人に過ぎない債権者(注:D氏)の病歴、会社員としての資質に問題があるとの指摘であり、債権者の社会的評価を低下させる事実の摘示である」と主張した。
東京地裁は2009年8月6日、担保を立てさせて仮に削除することを命じる決定を出した。西村氏は2009年1月2日に「2ちゃんねる」をシンガポール企業PACKET MONSTER社に譲渡したと発表しており、西村氏への仮処分決定が「2ちゃんねる」に対して効力を持つかは疑問であるが、本記事で扱う問題は別にある。(初出・ツカサネット新聞)
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40316
http://hayariki.seesaa.net/article/127881876.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10341942949.html
アヴァンセ弁護士が準備書面に他人の印を押す
http://wind.prohosting.com/rain7/avance/
http://d.hatena.ne.jp/branz/20090914/1252898709
http://tokyufubai.bravehost.com/avance/080827sojyou.htm
「天地人」第36回、「史上最大の密約」
http://news.livedoor.com/article/detail/4346715/
http://a.hatena.ne.jp/branz/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
FW:言論封殺
JUGEMテーマ:日記・一般言論封殺というネガティブなネタで大きな話題を提供することは企業・団体の信用にも大きく関わる問題である。インターネット上のコミュニティや掲示板等は、インターネットがもつ匿名性や双方向性を活かした活発な情報交換や議論が行われる場となっているが、サービスの利用者は非常に弱い立場に置かれている。企業・団体と個人との力関係の差、インターネットでの言論はインターネットで対抗すべしという理論(対抗言論)等のことを考えると、一方的・強権的に個人から発言の機会(対抗言論の機会)を奪うことは表現の...
URL 2010/01/30(Sat)11:42:21
錯誤に関する判例の多くは動機の錯誤
「錯誤に関する判例の多くは動機の錯誤である場合が少なくないというのが最近の一般的認識である。」(三好登、平山也寸志『民法判例入門』...
URL 2010/01/30(Sat)16:34:14
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
アヴァンセ弁護士が準備書面に他人の印を押す  HOME  「天地人」第36回、「史上最大の密約」

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]