林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
 私は大手不動産会社から不利益事実(隣地建て替えなど)を説明されずに問題物件を騙し売りされた。不都合な事実を隠して問題物件を騙し売りする詐欺的商法と泣き寝入りを迫る不誠実さには激しい憤りを抱いた。その憤りが市民記者活動の出発点にもなっている。それ故に著者の憤りと、その後の警察不祥事報道への執念は非常に理解できる。
 往々にして世の中を変える原動力は個人的な体験に基づく私憤である。過去を水に流すことを是とする非歴史的な民族性を特色とする日本では、過去を忘れて心機一転する人を度量があると持ち上げる傾向があるが、そのような人間ばかりでは反省も改善も進歩もない。焼け野原から経済大国にしてしまう前に進むことしかできない発想は随所で行き詰まりを見せている。理不尽なことに対しては理不尽であると言い続けることが大切である。
http://www.book.janjan.jp/0905/0905103052/1.php
http://hayariki.seesaa.net/article/119422825.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/945
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10262684773.html
林田力記者とグーグルサジェスト
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/937
http://chirop.seesaa.net/article/118859297.html
 『定年後は森でロハスに』を読む 林田力
http://www.book.janjan.jp/0905/0905173556/1.php
大阪社会運動顕彰塔で社会運動の意義を再確認
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38234
MS
http://hayashidachiropractic.health.officelive.com/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中島賢悟弁護士FAX共有の問題点
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 依頼人の住所・氏名をインターネット上に公開して批判を集めた中島賢悟弁護士(セキュアトラスト法律事務所、東京弁護士会所属:34985)では他企業とファックス(FAX)を共有していることが判明した。セキュアトラスト法律事務所と同一住所(渋谷マークシティW22F)・同一FAX番号の企業が多数存在する。株式会社バイリンガル・パートナーズ、ポジティブワン株式会社、株式会社創業、株式会社エマージェント・アイズ、株式会社マハナコーポレーション、株式会社...
URL 2009/09/13(Sun)08:42:07
中島賢悟弁護士が依頼人の住所をネット上で公開2
これに対して書き込まれた人物D氏は中島賢悟弁護士を代理人に立て、西村博之氏を債務者として、書き込みの削除を求める仮処分を東京地方裁判所に申し立てた(平成21年(ヨ)第2206号)。D氏側は「投稿内容が私人に過ぎない債権者(注:D氏)の病歴、会社員としての資質に問題があ
URL 2009/09/13(Sun)21:50:47
東急創業家・五島浩は創価学会員
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急グループの創業者・五島慶太の孫で、二代目総帥・五島昇の息子の五島浩は創価学会員と報道された。「創価学会の信者でもあり、時おり現地の集会にも顔を出す」(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」後編」週刊新潮 2009年9月10日号50頁)。池田大作・創価学会名誉会長は異母兄・五島哲の死去に際して以下のように述べている。「先日、東京急行電鉄の取締役であり、学会の会館建設にもご尽力をいただいた五島哲氏が逝去された。謹んで...
URL 2009/09/14(Mon)21:12:12
東急不動産だまし売りMyNewsJapan記事
東急不動産だまし売り裁判がMyNewsJapanで報道された(佐藤裕一「東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口」MyNewsJapan 2009年9月3日)。同じ記事は「回答する記者団」にも掲載されている(佐藤裕一「東急不動産のマンションは「買ってはいけない...
URL 2009/09/14(Mon)23:10:39
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力「東急不動産の遅過ぎたお詫び」2  HOME  東急リバブル平成21年3月期は減収減益

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]