林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
愛知県警港署地域課の巡査谷内洋介容疑者(25)=同県小牧市古雅=ら二人が2008年10月26日、建造物侵入容疑で逮捕された。名古屋市守山区の寺院敷地内に無断で入った容疑である。調べでは、谷内容疑者は同日午前零時50分ごろ、友人の男(24)と守山区青葉台の「倶利加羅不動寺」敷地内に侵入した疑い(「寺院侵入容疑、巡査ら逮捕=「夜景見るため」-愛知県警」時事通信2008年10月26日)。
http://hayariki.seesaa.net/article/108738360.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/786
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10157363156.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20081028
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『点から線へ 線から面へ』の感想 林田力
 それにもかかわらず、「点から線へ……」事業が印象に残るのは、一方で電鉄会社が近視眼的な利潤追求によって、「まちづくり」ならぬ「まち壊し」をしている現実があるためである。閑静な高級住宅街として分譲した後で、電鉄会社自らが住宅街の価値を破壊する開発を行う。これで
URL 2009/03/18(Wed)20:07:49
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『HUNTER×HUNTER 第26巻』  HOME  同じ物件が異なる間取り

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]