林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
住生活グループ(東京都中央区)は2009年4月13日に2009年3月期の業績に関し大幅な下方修正を行った。2009年3月期の売上高を、住生活は2008年10月末の段階では1兆900億円と弾いていた。ところが実際は1兆450億円と450億円ものダウン。なかでも純利益に至っては前回140億円の黒字見込みだったのが、僅か5億円と実に96%ものダウンとなった(「<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(218)「INAX」に関し、水面下で異変が」アクセスジャーナル2009年4月15日)。
住生活グループの主要企業INAX(愛知県常滑市)に対する告発文書が出回っているとの報道もある(「「INAX」に関し、今度は各種「告発文書」が登場」アクセスジャーナル2009年5月1日)。INAXは衛生陶器やユニットバスなどの製造・販売大手である。告発内容は、INAX従業員と複数の地元派遣業者との癒着についてである。
http://hayariki.seesaa.net/article/119019549.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10258335519.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090509
PressPost
http://www.presspost.jp/article/118924198.html
hayarikis jimdo page!
http://hayariki.jimdo.com/
AEROPRES
http://www.aeropres.net/release.php?prs_id=11427
ComSearch
http://www.comsearch.jp/release/archives/2009/05/comsearch15454-20090509135206.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『セックスする脳』相手の気持ちの理解が大切
 一般に加害者は被害者の痛みを被害者ほど重大に考えない。私は大手不動産会社から不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りされたが、そのお詫びは「ご購入者にご迷惑をおかけした」という軽いものであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』97頁)。一
URL 2009/09/05(Sat)12:43:46
中島賢悟弁護士FAX共有の問題点
依頼人の住所・氏名をインターネット上に公開して批判を集めた中島賢悟弁護士(セキュアトラスト法律事務所、東京弁護士会所属:34985)では他企業とファックス(FAX)を共有していること判明した。セキュアトラスト法律事務所と同一住所(渋谷マークシティW22F)・同一FAX番..
URL 2009/09/06(Sun)11:30:02
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力「雑誌「プランB」読者会で活発な議論」  HOME  東急不動産騙し売りの異常性

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]